包茎手術と健康保険

包茎手術は切開・縫合などをともなう外科手術の一種ですが、すべての症例に健康保険が適用されるわけではありません。

健康保険はそもそも、医療が必要な状態であると認定された場合のみ適用される制度であり、病気ではないと診断された場合は保険を利用することができません。

そのため、見た目のコンプレックスにはなるものの、日常生活を送る上であまり支障のない仮性包茎は原則として健康保険が適用されない自由診療となります。

一部病院では、保険適用の範囲内で仮性包茎の手術を行ってくれるところもありますが、基本的には診療・手術費用はすべて実費になると考えておいた方がよいでしょう。

保険が適用される包茎手術

日本人に最も多い仮性包茎では健康保険が適用されませんが、以下2つの包茎については、健康保険適用のもと、低価格で包茎手術を受けることができます。

真性包茎

通常時・勃起時にかかわらず、亀頭が包皮に覆われてまったく露出しない状態のことです。

包皮輪が狭かったり、あるいは癒着しているために包皮をむくことができないため、非常に不衛生な状態になりやすく、性病にかかる確率も高くなります。

そのため、泌尿器科で手術を受けると保険が適用され、およそ2~5万円程度で治療することができます。

カントン包茎

包皮輪がせまく、勃起時に陰茎をしめつけてしまう状態のことです。

締め付けによって亀頭が鬱血すると、最悪の場合、鬱血した部分が壊死してしまうおそれがあるので、早急な処置が必要となります。

そのため、真性包茎同様、病気として認定されており、手術には健康保険が適用されます。

包茎手術は専門クリニックで

真性包茎・カントン包茎以外の包茎手術は原則として自由診療となりますが、たとえ仮性包茎であっても、一部病院では健康保険適用のもと、包茎手術を受けられることがあります。

ただ、泌尿器科での包茎手術は見た目やデザイン性があまり考慮されないことが多く、仮性包茎そのものは治っても、傷跡が残ってしまったり、陰茎がツートンカラーになってしまうケースが多々報告されています。

もちろん、費用は安く済みますが、見た目を重視する場合は、包茎手術専門のクリニックを利用した方が満足いく仕上がりを期待することができるでしょう。

上野クリニック
包茎手術、STD、パワーアップ、ED。 男性の下半身のお悩みを解決!
www.ueno.co.jp/

東京ノーストクリニック
包茎手術専門ドクターが全面バックアップ。
www.norst.co.jp/

ABC形成クリニック
包茎だけじゃないABCクリニック。
www.abc-clinic.com/