手術時間はどのくらいかかる?

包茎手術は麻酔を使用したり、メスを使って切開したりするので、大がかりな手術と思われがちです。

しかし、実際には外科手術の中でも簡単な部類に入り、手術時間もごく短時間で済みます。

実際の手術時間は手術の種類やクリニックによって異なりますが、最もポピュラーな亀頭直下埋没法の場合、手術時間の目安は約20~30分となります。

長くても1時間以内には終わるため、時間のない方でも手軽に手術を受けられるところが大きな特長と言えるでしょう。

希望者にはカウンセリング当日に施術を実施してくれるので、仕事や学業にもあまり支障をきたしません。

また、クリニックによっては土日祝日でも診療・施術を行っているところがあるので、仕事を休めない方は個別に問い合わせてみるとよいでしょう。

施術後は、局部麻酔の場合はアフターケアの方法や注意点などの説明を受けた後、すぐに帰宅することができます。

一方、完全無痛の静脈麻酔を希望した方は、術後30分~1時間程度安静にした後、やはりその日のうちに家に帰ることができます。

ちなみに、術後は局部の消毒や抜糸のために一度来院する必要がありますが、溶ける糸を使っている場合や、遠方の方の場合は、特に問題がなければ来院せずに済むこともあります。

上野クリニック
包茎手術、STD、パワーアップ、ED。 男性の下半身のお悩みを解決!
www.ueno.co.jp/

東京ノーストクリニック
包茎手術専門ドクターが全面バックアップ。
www.norst.co.jp/

ABC形成クリニック
包茎だけじゃないABCクリニック。
www.abc-clinic.com/