包茎手術は入院しなければだめ?

包茎手術はメスを使用する外科手術のひとつですが、手術そのものは比較的シンプルなので、入院する必要はありません。

クリニックによってはカウンセリング当日に手術を受けることも可能となっており、術後は今後の過ごし方や注意点などの説明を受けた後、その日のうちに帰宅することができます。

そのため、包茎手術のために連日休暇を取る必要はなく、仕事や学校がある方でも手軽に手術を受けられるところが大きな魅力となっています。

具体的な流れとしては、まずカウンセリングを受け、手術の種類やしくみ、メリット、デメリットなどの説明を受けます。

手術内容や料金に納得したら、実際に手術を受け、余分な皮を切除した後、縫合を行います。

手術に要する時間はクリニックごとに異なりますが、目安としては30分程度。長くても1時間ほどで完了となります。

静脈麻酔の場合、術後30分~1時間ほどそのまま安静にしている必要がありますが、局部麻酔の場合はその後すぐに帰宅することができます。

手術後は、抜糸のために指定された日に来院することになりますが、最近は自然に溶けてなくなる糸を使っているクリニックもあり、その場合は抜糸不要となります。

また、局部の消毒や包帯のまき直しも基本的に自分で行うため、来院する手間ひまはなく、忙しい方でも無理なく手術することが可能となっています。

上野クリニック
包茎手術、STD、パワーアップ、ED。 男性の下半身のお悩みを解決!
www.ueno.co.jp/

東京ノーストクリニック
包茎手術専門ドクターが全面バックアップ。
www.norst.co.jp/

ABC形成クリニック
包茎だけじゃないABCクリニック。
www.abc-clinic.com/