包茎手術のリスクは?

近年は包茎手術の研究・技術の向上にともない、手術による失敗リスクは減少傾向にあります。

ただ、手術ではメスを使った切開や縫合を行うため、失敗するリスクはゼロではありません。

実際、包茎手術では失敗例もいくつか報告されており、そのうち最も多いのが見た目の失敗例です。

包茎手術では平常時と勃起時それぞれの包皮の長さを測り、余分な皮を切除して縫合する方法が一般的ですが、計測を誤ると傷跡が残ってしまったり、ツートンカラーになってしまうことがあります。

近年は亀頭直下埋没法の採用により、傷跡やツートンカラーの問題は解消されつつありますが、経験の浅い医師が執刀すると傷跡が目立ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

ただ、見た目の失敗については、経験豊富な医師のもとで再手術を受けるとかなりの不満を解消することができます。

問題なのは、再手術をしても元に戻らない可能性がある機能面での失敗例です。

たとえば包皮を切除しすぎて勃起時につっぱり感や痛みをともなうようになったり、包皮小帯(裏スジ)を損傷して感度が低下してしまうなど、その後の日常生活に支障をきたす失敗例も少なくありません。

特に性感帯を切除してしまうと、射精が困難になったり、勃起不全になったりする可能性もあるので、確かな技術力をもつ医師に執刀してもらうことが重要です。

上野クリニック
包茎手術、STD、パワーアップ、ED。 男性の下半身のお悩みを解決!
www.ueno.co.jp/

東京ノーストクリニック
包茎手術専門ドクターが全面バックアップ。
www.norst.co.jp/

ABC形成クリニック
包茎だけじゃないABCクリニック。
www.abc-clinic.com/